So-net無料ブログ作成
検索選択

日本瑞西化計画2-1 スチームトラム? を作る [9ミリゲージ]

ブレイセン鉄道を中心とする日本瑞西化計画。第2弾は玉電300形をヨーロピアン風にするつもりでしたが、ちと屋根の処理で行き詰っているので気分転換に別の車両を作ってみようと思います。
10系客車。ヨーロピアンスタイルで知られる軽量客車ですが、ヨーロピアンスタイルというくらいだから欧州型への親和はまあ悪くないんじゃないだろうか、ってーことで本川越のポポンデッタに出かけてみたところ、まさに俺のために用意してくれたかのようにナハフ11がありました。これに手持ちのポケットライン動力となんかてっきとーなGM台車を組み合わせれば、欧風スチームトラムができるんじゃないだろうか。そう考えたのです。

キャプチャ.jpg

ほら、『変わった車両30題』にあったアレ。「ケキハを作って4通り」と、山崎崎陽氏の作った「スチームトラム25号」。それに個人的に好きな車両エガーバーンの10号機が混ざり合ったような、そんなステキスチームトラムを作ってみようと思った次第。欧州に視察に行き日本の客車になったものが欧州に戻る。なかなかに愉快な趣味だとわれながら思うのです。

IMGP9038.jpg

さて、そうは言ってもド貧乏なわが鉄道。潤沢な予算はかけられません。台車も動力も手持ちのものを漁るしかないのです。最初はね、津川の蒸気機関車の動力ユニットを使おうかと思ったんですが品切れ。しかも4,500円と予算的に実に高価。こりゃあアカンというわけで、カトーのポケットラインの動力を使う次第。ロッドがないのが癪の種ですが、どうせ足回りはカバをかけてしまうわけでこだわることはありません。PECOのバリキットのスチームトラムをTMSではポケットライン動力で組み立てる作例を公開していたではないですか。模型知識はかように役立てなければいかんというものです。
で、素材をそろえて記念撮影

IMGP9034.jpg

ん? なんか妄想と違うぞ?

IMGP9035.jpg


げげげ……ポケットライン動力、窓二つ分くらいある。キャブが超間延びするじゃないですかこれじゃあ……。理想と現実のハザマで揺れ動く俺なのでした。さて、どうなることやら……。

共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。