So-net無料ブログ作成
検索選択

アルプスの氷河特急旅客誘致計画 [鉄道模型]

「アルプスの氷河特急」パノラマ客車は、大きな窓が特徴です。それゆえに乗客がいないとたいへん寂しいことになりますので、せっかくだから人形を車内に乗せようということになりました。

IMGP8504.jpg

「アルプスの氷河特急」はとりあえず1:150で作られていますが、何から何まで1:150というわけではありません。たとえば車体の肉厚はプラスチックで作る以上どうしても実車よりも分厚くならざるを得ず、当然その分車内の幅が食われてしまいます。床だって実物よりもかなり分厚いため、やはりそれなりの「ごまかし」があります。
つまり、1:150の人形を無加工で置くのは無理。仕方がないので人形の下半身を切り落とし(この作業は精神的にいろいろとつらいです……)乗車率40%を目標に人形を乗せました。

IMGP8507.jpg

接着はゴム系接着剤。多少はみ出してもかまうもんかとばかりたっぷりとボンドをつけました。このままだとなんともホラーなので、さっさと車体をかぶせたところ 

IMGP8510.jpg

なかなかいいじゃありませんか! 旅客が乗るとやはり雰囲気が違います。
とりあえず試しに2等車のみ旅客を乗せてみましたが、相応の効果を認めたので1等車にも旅客を乗せようと思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。